中退日記

大学中退してもなんやかんや頑張るブログです

バナロック

ちゃっす、バナです。

 

たけさんからブログの執筆を頼まれた瞬間は

「毎日書いたるわい!」

そう思ってましたが、現実はなかなか渋い。

 

普段チャランポランに考えなしに生きているので、頭の中には何もインプットされてない。

よってアウトプットすることもない。

かつ先天的飽き性、筆不精。

おまけにここ最近の寒波が拍車をかける。

 

じゃあ大好きなロックでも聴いてヤル気出すか!

ん、じゃあBookLinksらしく好きな歌詞でも紹介すりゃええやん。

 

なわけでバナのロックでブログ。

韻を踏みつつ(踏んでるのか?)紹介するのが

 

THE YELLOW MONKEY

 

f:id:maxdondon:20171020082134j:plain

 

 

曲も好きだし、吉井和哉の詞!

大人の色気あり、童心あり。

韻を踏んだりの言葉遊びも盛りだくさん。

かなり好きです。

 

その中でも紹介したい曲は

 

『SO YOUNG』

 

後期イエモンの名曲です。

 

www.youtube.com

www.youtube.com

 

 

f:id:maxdondon:20171020001051p:plain

まぁラブソングなんでしょうが、年を食うごとにこの歌詞が好きになってきてるな。

 

なんというか心と体のバランスが壊れてる感。

自分の精神年齢と実年齢の不一致。

抵抗できない時間の流れに押し出されつつも、輝く過去に後ろから支えてもらっている感じ。

 

3月の午後3時33分ぐらいの太陽の色が似合う曲だと僕は思う。

外に出るには遅すぎる、夜を待つには早すぎる時刻。

 

今だにワーキングプアの僕が明るく歩き続けられてるのは、やっぱり10代の頃の思い出や思いがあるからだと思う。

 

あの頃の理想が地続きで今もこれからもあるから。

何度も残酷な春を味わったけど。

 

まさに今の僕は歌詞中の白く震えた旅人。

青春が絆となっている。

青春が今の絆に結びついている。

 

まぼろしじゃない ない ない

しっかりブログになってる、Yeah

 

てなわけでバナはBookLinksでも楽しくやってきます!

 

あざやかな朝日を浴びて歩こう

すべての愛と過ちを道づれに