中退日記

大学中退してもなんやかんや頑張るブログです

はじめに!時間があったら読んでください!

f:id:maxdondon:20171009103158p:plain

 

f:id:maxdondon:20171009103320j:plain

(10がつくらいに加入)

 

絶妙な鋭角で切り込む、遅れてきた思春期ばな

f:id:maxdondon:20171016212229j:plain

 

こんにちは!この記事では僕 (一番目の写真のメガネ)が今取り組んでいることを書こうと思います!

 

 

みなさんのオススメの本を集めてます

自分自身そんなに本を集めるほど、本めっちゃ好きだ!!!というわけではないんですが、ある本を読んだことがきっかけで、そうした本がたくさん集まったカフェ/駆け込み寺/なんらかのコミュニテスペース等を開きたくなりました!

 

本は作者自身が誰かに何か思いを伝えるために、書きしたため、それを受け取る読者が存在するはずです。みなさんの中にも本を読んだ時に、この本面白すぎる!とか、感動した!!とか、今までの価値観が変わった!とか様々に感じることあるのではないでしょうか?中には人生変わった人も!

 

そうした本を自分一人にとどめておくことは非常に勿体無いことだと思いませんか?何よりそうした本を誰かに紹介して、あなたのように作者の思いを受け取り、何か変わったり、新たな発見ができたら素敵ですよね^_^そんな本がたくさん集まった本が集まったカフェ/駆け込み寺/そのほかコミュニティスペース等を開くのが自分の夢です♬

 

そうした本で繋がる何かを実現したり、活動するために

「BookLinks」

と名乗り活動をすることにしました!

 

もちろんタダでもらおうなんてことはしません!

※ただで譲ってくださる方も大歓迎ですが、その場合こちらからレビューという付加価値代として300円いただこうと思います。こちらに関して興味ある方も最下部にあります、Twitterにて連絡をお待ちしております。

ただもらうだけでは、僕自身も悪いきがするので、いくらかサービスを提示するので、その代金として本とその本のレビューを頂戴したく思います♬

 

 サービス概要

自分が今年読んだ本/今まで読んだ本の何点かと交換します!

提供してくださる本と以下の写真にある本のうち1~3冊を交換します!

実際に交換できる本は、以下の本です

「手紙」東野圭吾

県庁おもてなし課有川浩

「レインツリーの国」有川浩

「君の膵臓を食べたい」住野よる

「植物図鑑」有川浩

「もう一つのバルス木原浩勝

「火花」又吉直樹

容疑者Xの献身東野圭吾

「流」東山彰良

「八日目の蝉」角田光代

「赤い指」東野圭吾

「書斎の鍵」喜多川泰

「虚ろな十字架」東野圭吾

白夜行東野圭吾

阪急電車有川浩

「空の中」有川浩

「ケモノの城」誉田哲也

塩の街有川浩

「箱庭図書館」乙一

f:id:maxdondon:20170910091711j:plainf:id:maxdondon:20170910091714j:plain

現在はこちらの本に限らせていただきます!

アプリ開発 (iPhone / Androidどちらも可) 教えます!

 スマホを持っている方であれば、誰しも使ったことがあるであろうアプリケーション。みなさんそれが実際に自分の手でも作れること知っていますか?ちょっと勉強が必要なのですが、興味のある方は是非ご連絡ください。なんでもできるというわけではないのですが、業務として少しやっている関係で基本の作り方などは教えることができます♬

参考までに

Xcode / Swift / Objective-c (Swiftの方が得意です!w) /MVC / Firebase

Android Studio / Java (Kotlinはかけません!) / Firebase

 

Webアプリもできます

 Webサイト作ってみたい方いらっしゃいますか?基本的にはJavaベースでしたら教えること可能です♬ RailsJava、HTML(これは割とある)知見はありますよん^ ^

どんなことでも結構なのできになる方は是非是非お声かけくださいな!

参考までに

Netbeans (IDE) , Java , HTML , CSS , BootStrap , 

Sublime Text / Atom (Editor) , Ruby /rails / HTML , CSS , BootStrap(TECH::CAMPで受講経験あり)

 

※本格的にお考えの方へ

 サーバー / インフラの実装経験はないため、ほぼクライアント側になってしまいます。参考書などは少しはお伝えできますが、基本Web と スマホのクライアント側メインとお考えください!

 ※やってみたいけど、どうしていいかわからない方/ プログラミングってどんなものか聞いてみたい方へ

 お話をお聞きして、その方にあった勉強方法や目的など一緒にみていこうかなと思います!まずは気軽にご連絡を!

 

Airbnbでシェアアパートしてます!

 無料で自分のアパートに泊まってOKです!基本的にはシェアアパートとしてAirbnbでゲストを集め、僕自身も同じ空間で寝てます笑 希望があれば、丸々レンタルすることも可能です!ですが二泊目以降はお金が発生しますのでご了承を!

 

就活生必見!新宿直通、シェアアパートにきませんか!!

杉並区, 東京都, 日本
This is sharing apartment, which means I stay at same room. So that's why it is cheaper. lol And basically only one person is ok I mainly speak Japanese, but a little bit can speak English. If you...

 

 人生相談 / なんでも屋 / どっかに同行サービス / そのほか

 交渉次第でなんでもやりますが、あんまりハードル高いのはやめてくださいね!!笑

 以下に簡単なアンケートも用意してますので、相談事がある方はそちらからもお問い合わせください♪

なんでも気軽にご相談くださいませ!

 

最後に私の簡単なプロフィールをご紹介 (上の写真のメガネ)

九州生まれ

某経済学部中退

ベンチャー企業でつとめ

渋谷で

iOSアプリを開発してる

22歳の男です男です✌️

 

ご興味を持たれた方はDMまで!!!

Airbnbで出会った二人の男の物語 (@maxdondon1000) | Twitter

 

〜シェアハウスKomoriに関して〜

こんにちは!このブログを運営しているたけです!

 

普段見ない方も見るかもしれないので、いちお言っておくと

右の険しい顔をしているのがたけですw

f:id:maxdondon:20170827075025j:plain

 

この記事では来年の二月から東京で立ち上げ予定のシェアハウスKomoriに関して、説明したいと思います♪

 

ひとまず先にシェアハウスのコンセプトをご紹介!

「今の自分を少しでも変えたり、成長させたり、よりポジティブな方向へ持っていきたい方への手助け」というコンセプトを考えてます。東京ってやっぱりどこも家賃が高く、都心部を離れると家賃は安いですが、かえって交通の便が悪くなるなと思ってます。

 

できるだけ都心に近いところに家賃はできるだけ安くして住みたく、かつ今よりも有意義な生活や仕事を目指してるかたを対象に募集しています。浮いた家賃分を自己の投資に当ててもらい、その方の成長を促せるような場所を目指します。

 

 

シェアハウスの具体的なこと

以下質問を想定しましたので、ご参考くださいませ m(_  _)m 

 

このシェアハウスに入ると必ず何か意識の高いことをしなくてはいけないのか?

そんなことはありません。ただ管理者であるたけがシェアハウスのメンバーに対しての「投資」という感覚で運営させていただきます(家賃は割合高く僕が保とうと思っているので)。そのためその浮いたお金で風俗行ったり、パチンコしに行くなど避けていただきたいかなと思ってますw(もちろんそれでストレス溜まって欲しくないので、まじやべー!みたいになったら行ってもいいと思いますが、基本的にはそうした「家賃」という固定費用をできるだけ安くし、自分の成長であったり、興味あるものへ投資して行って欲しいなというのがあります。

 

 

そもそも場所はどこか? 

まだ立ち上げ前の段階で、シェアハウスできるところを探している最中です。いちお候補地として、JR中央線沿い、京王井の頭線沿いを考えています。(単に管理者たけが住み慣れているのでという理由ですw

 

 

家賃はいくらくらいか?

詳しいことはまだ確定してないですが、17500 ~ 20000円 / 月で考えており、それに共益費光熱費等をメンバー文で分割しようかなという感じです。

なので20000 ~ 25000円 / 月を想定していただければと思います。

 

 

どんな部屋を想定しているのか?

初期は、四人で一つの部屋のアパートで住もうかなと考えてます。たけもそこに住みまして、三人の方にその部屋の中で各部屋を用意できるアパートを探しているところです。たけはリビングで寝ますw

 

 

最寄駅からどのくらいか?

今探しているのは、最低徒歩15分以内に収まるようなところです。自転車も用意したいと考えています!全てにおいて、極端なことは避けるつもりなので(僕の目から見てw)、ご心配なく!!

 

 

シェアハウス特有のルールなどはあるか?

基本的には、各自部屋をお渡しするので、その部屋だけはご自身で管理して欲しいと思ってます。共同で使うトイレやお風呂などは交代で掃除をお願いするかもしれません。ただ理不尽にあれやれ、これやれのような無理強いはしません。

 

 

そもそもシェアハウスのメンバー教えてください

管理人たけ(22) (※iOSエンジニアしてます

後輩 よしゆき (20)

IT勤務 北さん (26)

が現在ほぼ確定してまして、あと一人募集している感じです。四人集まったら場所の選定や、家賃など話をまとめていきたいなと思ってます。

 

こんなこと考えてます!

 

毎週金曜日に鍋作ってみんなで飯食おう会

 

週末黙々開発会

(たけはiOSエンジニアをやらせてもらってます。

 

プチ日帰り旅行

 

週一でみんなで情報共有(あれ儲かるぜグヘへwとかはないですが、お互いに有益な情報を交換していけたらいいですね!

 

 。。。。。

 

まだまだいっぱいありますが、一人暮らしではできず、 シェアハウスだからできることを突き詰め、メンバーと一緒に何かやりたいなと思ってます♪

 

そもそもなんでやろうとしたのか?

僕自身今住んでいるアパートをAirbnb上にのせ、海外観光客を中心に自分のアパートに民泊を何度かやっていきました。(その時僕も同じ空間で寝てましたw

ほんとは許可取らなきゃいけないんですが、ヒソヒソと好奇心のままにやってましたw

 

 

その中で出会った18歳の日本人の青年と、出会ったことが全てのきっかけでした。僕自身「今年一年は自分の成長だけ、自分の中だけで全てを完結する」ような一年にしようと思ってたのですが、意識の高さを見る彼と話しているうちに、自分も何か動きたい、周りを巻き込む何かをやっていきたいそんな風に思ったのです。その延長線上にこのシェアハウスの取り組みがあります。

 

 

今年の七月頃に何かやろうぜ!と彼と言い始めて、動いてきましたが少しずつ形になりそうな感じがしてます。今までの自分は、挑戦するガッツはある方だと思うのですが、それをなんらかの形にしたり、後始末することがすごい苦手で、全て散らかった状態のまま放置してしまうことが多くありました。

ですが試行錯誤してきた今なら、前よりも形にできる、しぶとさがあると思ってます!

 

 

そんな僕らと何かやりませんか?

 

現在27冊!! 最近のBookLinks活動報告

こんにちは!たけです。

 

 

今日は9月、10月のBookLinksの活動報告をしようかなと思います!

前回の活動報告からだいぶ遅れまして、申し訳ないです!!mm

 

※そもそものBookLinksってなんぞやという方はこちらの記事を参照してください!

BookLinks活動報告 (7月末 ~ 8月) - 中退日記

 

 

集まった本の数

前回のブログから 27冊へと増えました! ありがとうございます!

 

f:id:maxdondon:20171111212330j:plain 

 

下は中学生から、上は40代のお医者さんまで✨

また中国の方にも提供してもらいました!

本当にありがとうございます!!

 

ちなみに今回いただいた本は

です!

 

この中でも特に印象に残ったのは、

容疑者Xの献身」と「告白」の中国版でしょうか?

Airbnbをした際に、中国人の留学生からいただいたのですが、日本でも有名な本が中国でも読まれていることが驚きでした

他にも白夜行も読んだことあるみたいで、東野圭吾さん自体中国でかなり有名な作家さんみたいです。

 

 

皆さんの本大事に使わせていただきます!

 

 新たなチャンス

少し話を変えまして、ちょっとしたチャンスが巡ってきました。

 

2ヶ月ほど前からBookLinksで活動を始めたバナさんですが、

 

f:id:maxdondon:20171016212229j:plain

 

そのバナさんのおかげで、なんと

 

 

 

来年7月くらいから吉祥寺で、何か運営できるかもしれません!!!!

→何かw

 

 

 

ばなさんの知り合いがカフェを経営しており、その店舗が建物の更新に合わせて店をたたむとのことで。よかったらその店舗をそのままカフェか何かに使ってみたら?とのことで、またとないチャンスがやってきました🤓

 

 

今の所は、カフェをするということはあまり想像できなくて、別の何かをやるつもりです。それがBookLinksと直接関係するかはわからないんですが、到達したいゴール(オススメの本が集まったカフェ)は極端にぶらすつもりはないので、うまく点と点を繋いでいきます。

 

ただ現在貯蓄が少なく、もしかしたらおじゃんになるかもしれないので、まだ確定事項ではありませんmm

 

これに関してもう一点ありまして、何か一緒にやりたいよ!とか

自分も混ぜて!みたいな方いましたら、遠慮なくメッセージ飛ばしてきてください!

自分とばなさんだけでも、できなくはなさそうですが、あと一人くらい欲しいよねという話になっているので、オネシャス!

 

たけが最近読んだ本まとめ

BookLinksと同時に始めた「毎日読書する習慣」ですが、これはまだ抜け落ちることなく、キープし続けられてます♪

 

それは面白い本を書いてくださる作家さんのおかげなので感謝しつつも、

古本で購入してしまうことに対しては、申し訳なさを感じてますw

 

皆さんは本は必ず新品で買わな無理や!みたいなものってありますか?

僕はどうしても今読みたい本が新品しかない場合によく買うことが多いですかね

 

早速最近読んだ本の紹介していきます♪

 

9月から10月にかけて読んだ本は、以下の10冊です。

f:id:maxdondon:20171111223335p:plain

 

こちらにもあるのでよかったら見てみてください♪

BookLinksTokyoさんの読んだ本 - 読書メーター

 

特に面白かった本は、「空の中」でした!

 

f:id:maxdondon:20171112145202j:plain

 

SFではありますが、それが実際に起こったかのようなリアルな話展開によって夢中になりっぱなしでした!あと今回も県庁おもてなし課同様、高知が出てきたことに、有川さんの高知愛を垣間見ました😏

 

 

BookLinks3ヶ月たちました!

いまいち成果出せずにすみません!今後ともよろしくです!

 

 

最後に

 

少し宣伝をさせてください!

 

BookLinksの本集め共感していただける方はぜひ twitterにてご連絡ください♪

 

一応二つパターンがありまして、

1. オススメの本1冊を300円で売っていただくパターン

2. BookLinks(主にたけ)が何かお手伝いをして、そのお礼に本を提供してただくパターン

お手伝いできる項目は、

家事代行

引っ越し手伝い

 アプリ開発教え

Webサイト開発

プログラミングってなんぞやみたいなことを教える

人をポジティブに変える

などですw

 

本を用意していただく場合は、

名前 : T K (イニシャル)

性別 : 男性

年代 : 20代

 

<レビュー>

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜です。

 

上のような形で、レビューを書いていただきたくm(_ _)m

紙はなんでも大丈夫です。最悪twitterのDMでも構いません!!

 

 

2月からシェアハウスを始めます!!

駆け込み寺の先駆けとして、少しずつ始めます!

あと2名募集してます!

杉並区!井の頭 or JR中央線!月額17500円!

offer.mercariatte.com

 

赤字でしかないですが、駆け込み寺なのでギリギリでやりますw

あと2名集まらなかったら、こちらもおじゃんになるので、どなたか一緒にやりましょう🕶w

 

 

読んでいただきありがとうございました〜

好きな作家さん 「有川浩」@たけ

f:id:maxdondon:20170910091711j:plain

こんにちは!たけです。

 

有川さんの作品を8冊ほど読んでみたので自分なりに、感想をまとめてみました!

 

ちなみに今まで読んできた作品は、

8作品です!映画化もされた、かの有名な「図書館戦争」はまだ読んだことないですが、後の楽しみとしてとってますw

 

この記事では、自分が思う有川浩さんの作品の面白さや、また次の作品を読んでみたくなるところを簡単にまとめてみました!ネタバレしている部分も多少あるので、「絶対に何も知らない状況で読みたいんじゃ!」という方は、この記事は読まないでくださいw

 

有川さんの作品を読むと、また読みたくなってしまう

有川さんの作品の特徴は、

 

  • 読んだ後の読後感が間違いない
  • 恋愛を随所に盛り込ませたストーリー
  • 引き込まれる題材

 

上の三つにあるなと思いました。

一つの作品を読んだ後に、また次の作品を読みたくなるのは、自分の中では上の三つの特徴(あくまで個人的な主観ですが。。。)によるところがでかいです。

 

読んだ後の読後感が間違いない

今まで読んだきた作品は全てハッピーエンドって言ってしまうと、ネタバレ過ぎますが、読後感でいうと読んでよかったなというのが僕の中で共通してあります。

 

それは、作品自体は違うとはいえ、表現の仕方や特徴が似つつ、また「有川浩さん絶対面白いわ!」みたいな宗教チックな固定観念がついてしまってることによるかもしれないですが、

 

ただ爽快感や読み応えというところで、読んだ作品全てに共通してあるのではと思います!(最近読書始めた中坊がしゃしゃってすんませんw)

 

その観点でいくと、特にオススメしたい一冊は、

 

県庁おもてなし課

 

f:id:maxdondon:20171029112352j:plain

 

高知の役所で勤める公務員の主人公は、建前でしか行動できない環境におり、なかなか本音ベースで行動できません。公務員特有の馴れ合いみたいなものに慣れきっており、どうしても腰が上がらない状況だったんですが、

 

周りの環境の変化や自身の行動の積み重ねで、本質的には何がいいか明確に見えるようになり、本音で何事にも立ち向かう様子がかなり熱い作品でした。

 ※題材は「高知の地方創生」です。

 

環境を変えたり、環境が変わったりするのははなかなかストレスがかかります。この主人公も、建前でしか行動できない自分から、本当にやるべきことを見据えて行動することへのストレスがあったと思います。

 

仕事を変えたり、

僕のように中退したりw

恋人と別れたりと、

 

それまでの当たり前が通じないかもしれない、新たな環境って結構怖いですよね。

 

ですが、新たな環境で得られることがデカすぎる場合もあります。

 

この小説はその例ではないでしょうか?

 

 

恋愛を随所に盛り込ませたストーリー

有川さんの作品毎回恋愛が出てきます。自分が読んだ中で出なかった作品はありませんでした。レインツリーの国や植物図鑑など、そもそもが恋愛にフォーカスしてる部分が強い小説もあるので。

 

ただ男が「恋愛小説まじパナいな!」とかいうと引かれそうで声をでかくしては言えないですが、w

 

特にいいなと感じる部分は、

 

 

 

男が格好良すぎる

 

 

 

w

 

 

僕自身はそんなに要領いい方じゃないので、この小説に出てくる男の格好よさに憧れますねw (おそらく容姿的にも敗北してますw)

  

 

植物図鑑の、

料理超うますぎて、植物に詳しく、恋愛上手な イケメン いつき、

 

レインツリーの国の

自分を曲げず、俺に着いてこいや!俺が守ったるで!と勢いありながらの、相手の意見もちゃんと尊重する イケメン 伸さん

 

塩の街

そもそもが自衛隊のトップ階級であり、人生経験豊富感をただ寄せつつも、そこまで恋愛は得意としているわけではなく、そこをギャップ萌えさせてきよった イケメン 秋庭

 

空の中の

相手との駆け引きにかなり長けており、仕事もかなり巧みに運び、恋愛もかなり器用そうでありながらも、プライベートに現を抜かすことなく、仕事とプライベートの線引きはしっかり行い、自分の職務を最後まで全うする イケメン 春名

 

 

すいません、みんなかっこよすぎてしんどいので、ここから省略しますね。。。w

 

 

※イケメンの記述は植物図鑑以外そこまでなかったと思うのですが、「ただしイケメンに限る」と思うので、おそらくそうなので、イケメンとつけましたw

 

※その証拠に、

植物図鑑は三代目、

f:id:maxdondon:20171029131343j:plain

 

レインツリーの国は、キスマイ玉森

f:id:maxdondon:20171029131355j:plain

 

 

 

恐れ多いですwwwwwwwww

 

 

とりあえず言いたいのは、僕自身もかっこよくなりたいので、こうしたかっこいい男を知って勉強してます!って感じです!w

 

 

引き込まれる題材

とにかく題材が自分にとっては新鮮なので、すぐに引き込まれてしまいます。

 

例えば「塩の街

f:id:maxdondon:20171029131534j:plain

巨大な白い物体が東京湾に落下し、それを巡って人々に起きる「塩害」という現象。塩害によって、人々は塩化し始め、やがては塩の彫像となってしまう。

というSF的なもの。以前もそうしたことあったんじゃないかと思うくらいリアルなストーリー展開でした。

 

 

「フリーター家を買う」という作品もあって。(ドラマ化されたので、みなさん知ってますかね)

f:id:maxdondon:20171029131553j:plain

就職もうまくいかず、新卒で入った会社をすぐに辞めてしまい、何から何まで甘い考え方で過ごした主人公が、親の重度の精神病を皮切りに、これはやばいと己を少しずつ変えていく

身近にあってもおかしくないような、現代に近しい話。

 

 

 植物図鑑

f:id:maxdondon:20171029131608j:plain

ある社会人の女性の前に、突然植物好きの、料理が上手な、ハイスペック男が現れ、そいつとの同居生活が始まる

 という現代版おとぎ話もあり。

 

 

そうした題材と相まって、話の展開の早さもあり、読書がそんなに得意ではなかった自分でも無理なく読めました!

 

 

最後に

久々ブログを書きましたが、有川さんの作品を今年中に読めるものは読みたいので、読書進めていきます♪ 今日からは「海の底」読んでます😁


コスパのいい娯楽と出会ったことに感謝!

 

近々中途半端になりつつあるBookLinksの活動報告をします!!!!

 

 

 

 

きっかけ @バナ

ちゃっす、バナです。

 

土日で地元の同級生とガッツリ絡んでエネルギーもらいました。

と同時に、学生の頃の友人と会うと思い出話からのノスタルジックな気分。

 

てことで今回は懐かしいこと書きます。

 

地元で学生だった頃の僕はロックとサッカーとお笑いがそれなりに好きで、読書なんてものは全くしてなかった。

 

地元も超ド田舎で「読書なんてする奴は相当賢い奴だ」ってみんなが一歩引く感じ。

(僕が実家でカバー外した官能小説を読んでいたら母もそう言ったw)

当時活字だけの本を読んでるやつなんて僕の周りにはいなかった。

 

だけど、高校2年生の春。

僕はたまたま模試で偏差値70オーバーの成績をとってしまった。

そして現代文は満点。

 

それがきっかけで同じクラスの優子ちんという女子から現代文の解き方のコツを教えてと言われる。

 

まぐれだからコツもないのだけれど、とりあえず一緒にセンターの過去問を解くことに。

 

その時の小説問題の出典元が吉本ばななTSUGUMI

 

 

優子ちん : 「たっちー(※同級生の女子はバナをこう呼ぶ)は本読むん?」

 

たっちー (バナ)「ん、小説とか?」

 

優子ちん「そうそう。」

 

 

 

 

(カッコつけてぇ、頭良く見られてぇ)

 

 

 

 

そう思った僕は思わずこう言う。

 

「読むで。最近じゃ五木寛之の『レッスン』読んどるで。」

 

 

 

 

父の本棚にあった読んだこともない本のタイトルを言ってしまった。

 

 

 

 

優子ちん「たっちー難しそうな本読んどんなぁ。えらいやん。」

 

褒められた僕はパチこいたと罪悪感ありつつも、いい気分。

 

たっちー (バナ)「優子ちんは何読んでんの?(ちょい上から目線)」

 

優子ちん「うちは藤原紀香の本読んどるで。」

 

(なんやねん!タレント本でよかったらワシもロックバンドの自伝とか読むし)

拍子抜けしつつそう思った。

 

が、

 

優子ちん「あとは桜井亜美の『イノセントワールド』が面白かったで。」

 

たっちー(バナ)「それって小説なん?」

 

優子ちん「うん。」

 

翌日、僕は優子ちんからその本を借りた。

そして、その夜。

 

 

 

(なんやねん、これ!?エロシーン多すぎ!)

 

 

 

そうです、結構性描写の多い小説だったのです。

 

純文学(多分この小説は純文学ではないが)とかって結構濡れ場が多いことを当時の僕は知らなかったのでかなり衝撃受けました。

 

というより同級生の女の子がこんな性描写の多い本を面白いと言って読み、かつその本を平然と僕にオススメしてきたことに超ビックリしました。

 

ごく普通な仏文生が『異邦人』なんてクレイジーな小説を平然とフェイバリットブックに挙げるあの感じに近いかな。

 

ここから僕の読書に対する認識がかなり変わりました。

「賢い奴がするお勉強みたいなもの」から「なんかワクワクさせてくれるもの」へ。

 

まぁ色々な小説読むとなんも心に響かないものや、理解できずにワクワクできなかったものもたくさんありましたが。

(ちなみに『イノセントワールド』はなんかエロいシーン多かったなぁぐらいにしか覚えてないw)

 

その時から僕の趣味の一つに読書が加わりました。

 

ところで、僕は音楽も毎日聴くし、映画もぼちぼち観るし、美術館にもたまに行く。

最近は読書は離れ気味ですが。

 

でもアートのスタイル的なものというか、それそのものを求めているのではない。

それらがひょっとしたら自分の価値観や人生観をぶっ壊してくれることを求めている。

 

だから変な話、音楽も映画も絵画も好きではない。

当然、小説やエッセイなどのいわゆる「本」もだ。

 

そこに付随する人のストーリーの方に興味を引かれがちだったりする。

結構そっちの方がリアリティーがあったりするから。

 

優子ちんとの経験はまさにそれ。

貸してくれたのが女の子で、小説というものを知らなかった僕だったから起こった衝撃だろう。

あの小説自体にはそこまで人に衝撃与えるパワーはないと思う。

 

僕がBookLinksに惹かれたのも新品の本じゃなくて、一回誰かがしっかりと読んだ本を集めるというコンセプトがあったから。

 

本をフィルターにした、たくさんの人のリアルなストーリーで僕を変化させてくれる店ができそうだから。

 

長くなっちゃったけど、うまくBookLinksに着地できたかな笑

 

ほんならまた!

 

 

バナロック

ちゃっす、バナです。

 

たけさんからブログの執筆を頼まれた瞬間は

「毎日書いたるわい!」

そう思ってましたが、現実はなかなか渋い。

 

普段チャランポランに考えなしに生きているので、頭の中には何もインプットされてない。

よってアウトプットすることもない。

かつ先天的飽き性、筆不精。

おまけにここ最近の寒波が拍車をかける。

 

じゃあ大好きなロックでも聴いてヤル気出すか!

ん、じゃあBookLinksらしく好きな歌詞でも紹介すりゃええやん。

 

なわけでバナのロックでブログ。

韻を踏みつつ(踏んでるのか?)紹介するのが

 

THE YELLOW MONKEY

 

f:id:maxdondon:20171020082134j:plain

 

 

曲も好きだし、吉井和哉の詞!

大人の色気あり、童心あり。

韻を踏んだりの言葉遊びも盛りだくさん。

かなり好きです。

 

その中でも紹介したい曲は

 

『SO YOUNG』

 

後期イエモンの名曲です。

 

www.youtube.com

www.youtube.com

 

 

f:id:maxdondon:20171020001051p:plain

まぁラブソングなんでしょうが、年を食うごとにこの歌詞が好きになってきてるな。

 

なんというか心と体のバランスが壊れてる感。

自分の精神年齢と実年齢の不一致。

抵抗できない時間の流れに押し出されつつも、輝く過去に後ろから支えてもらっている感じ。

 

3月の午後3時33分ぐらいの太陽の色が似合う曲だと僕は思う。

外に出るには遅すぎる、夜を待つには早すぎる時刻。

 

今だにワーキングプアの僕が明るく歩き続けられてるのは、やっぱり10代の頃の思い出や思いがあるからだと思う。

 

あの頃の理想が地続きで今もこれからもあるから。

何度も残酷な春を味わったけど。

 

まさに今の僕は歌詞中の白く震えた旅人。

青春が絆となっている。

青春が今の絆に結びついている。

 

まぼろしじゃない ない ない

しっかりブログになってる、Yeah

 

てなわけでバナはBookLinksでも楽しくやってきます!

 

あざやかな朝日を浴びて歩こう

すべての愛と過ちを道づれに

 

バナが大学を追い出されて約6年経ったってよ。

f:id:maxdondon:20171016212229j:plain

ちゃっす!

遅れてきた思春期、青春真っ盛り、華の30代、Stay Goldなバナです。

 

今回から思春期と同様に一足遅れてBook Linksに参加することになりました。

が、実はたけさんがこの計画を実行し始めた頃から絡ませてもらってます。

これからはちょくちょく登場することになるはずですので、以後お見知り置きを。

 

軽く自己紹介しますと

  •  年齢32(Van Halenの名盤と同じ1984年生まれ、jumping baby)
  • 兵庫県北部出身(ほぼ鳥取です。関西弁喋れません。今話題の文学の街のお隣)
  • 職業は物流野郎(倉庫内で健康食品に埋もれたり、飲料をフォークリフトで振り回したり、怪しいジョークグッズを愛でたり)

 

サクッと書くとこんな感じです。

サクッとですが。

 

今回記事の投稿を初めて任されまして

「何書こうかしらん」

悩みましたが、このブログのタイトルが

『中退日記』

 

実は僕も大学を中退しました。

しかも在学期間MAXの8年目に笑

もはや中退というより全うしたという方がしっくりきますね、本当にsickり。

中ばで退いてはいませんので。

 

僕はたけさん、よしゆきさんのようにポジティブな理由で大学を中退した(追い出された)わけではありません。

理想、夢、挑戦などからの理由ではないです。

むしろ逆で大学に入ってそれらを失ってしまいました。

 

というのも僕の子供の頃の夢は「都会で大学生として暮らす」というものでした。

見事に僕は19才(地味に一浪してます笑)で夢を叶え、そして同時に夢や目標を失いました。

 

東京で大学生になって以降は自堕落し、中退してからもただ生きるコンビニ人間として貴重な20代を無為に過ごす日々。

 

気づけば30になり、焦った僕はコンビニ人間の生活から逃げ出す。

日雇い派遣の会社に登録し、住まいも移し、わずかでも変化を起こすことで人生がいい方向に流れることを望みました。(今考えるとコンビニの方が稼ぎも自分の時間も多かったです笑)

 

そして約一年前、運よく現在の会社に正社員として就職しました。

職歴もない30過ぎのおっさんを採用するなんてクレイジーな会社ですよ笑

 

そんなわけでとりあえずは社会的安定を得た僕は現在どうなったかというと、

 

「遊びてぇ!!」

 

暗黒時代だった20代の反動がモロにきてます笑

 

面白そうなことがあれば参加して、面白そうな人がいれば会ってみる。

30代にしてそんな青春時代のような生活を送ろうとしてます。

まぁ金銭的に余裕があるわけでもないし、もともと明るい人間ではないので無理のない範囲でですが。

あと30超えて肉体的な衰えもありますし笑

 

そんな自称青春真っ盛りの僕は平日も楽しく、遊んで過ごせるように近所で友達を作ろうとしてあるアプリと出会います。

 

メルカリアッテ

 

そうです。

このアプリで僕はたけさんと出会い、今この記事を書いている次第です。

実は初めてBook Linksに本を提供した阿佐ヶ谷人は僕、バナです。

 

そこからたけさんの計画に賛同して協力したいとずっと思ってまして、その結果の一つがこのブログのライターとして参加するという形になりました。

 

ブログというか物書きをした経験がないので乱文が多くなることもありますが、これからひとつよろしくお願いいたします。

 

バナでした!

 

キャラ取っ散らかってんな笑