中退日記

大学中退してもなんやかんや頑張るブログです

はじめに!時間があったら読んでください!

f:id:maxdondon:20171009103158p:plain

 

f:id:maxdondon:20171009103320j:plain

(10がつくらいに加入)

 

こんにちは!この記事では僕 (一番目の写真のメガネ)が今取り組んでいることを書こうと思います!

 

 

みなさんのオススメの本を集めてます

自分自身そんなに本を集めるほど、本めっちゃ好きだ!!!というわけではないんですが、ある本を読んだことがきっかけで、そうした本がたくさん集まったカフェ/駆け込み寺/なんらかのコミュニテスペース等を開きたくなりました!

 

本は作者自身が誰かに何か思いを伝えるために、書きしたため、それを受け取る読者が存在するはずです。みなさんの中にも本を読んだ時に、この本面白すぎる!とか、感動した!!とか、今までの価値観が変わった!とか様々に感じることあるのではないでしょうか?中には人生変わった人も!

 

そうした本を自分一人にとどめておくことは非常に勿体無いことだと思いませんか?何よりそうした本を誰かに紹介して、あなたのように作者の思いを受け取り、何か変わったり、新たな発見ができたら素敵ですよね^_^そんな本がたくさん集まった本が集まったカフェ/駆け込み寺/そのほかコミュニティスペース等を開くのが自分の夢です♬

 

そうした本で繋がる何かを実現したり、活動するために

「BookLinks」

と名乗り活動をすることにしました!

 

もちろんタダでもらおうなんてことはしません!

※ただで譲ってくださる方も大歓迎ですが、その場合こちらからレビューという付加価値代として500円いただこうと思います。こちらに関して興味ある方も最下部にあります、Twitterにて連絡をお待ちしております。

ただもらうだけでは、僕自身も悪いきがするので、いくらかサービスを提示するので、その代金として本とその本のレビューを頂戴したく思います♬

 

 サービス概要

自分が今年読んだ本/今まで読んだ本の何点かと交換します!

提供してくださる本と以下の写真にある本のうち1~3冊を交換します!

実際に交換できる本は、以下の本です

「手紙」東野圭吾

県庁おもてなし課有川浩

「レインツリーの国」有川浩

「君の膵臓を食べたい」住野よる

「植物図鑑」有川浩

「もう一つのバルス木原浩勝

「火花」又吉直樹

容疑者Xの献身東野圭吾

「流」東山彰良

「八日目の蝉」角田光代

「赤い指」東野圭吾

「書斎の鍵」喜多川泰

「虚ろな十字架」東野圭吾

白夜行東野圭吾

阪急電車有川浩

f:id:maxdondon:20170910091711j:plainf:id:maxdondon:20170910091714j:plain

現在はこちらの本に限らせていただきます!

アプリ開発 (iPhone / Androidどちらも可) 教えます!

 スマホを持っている方であれば、誰しも使ったことがあるであろうアプリケーション。みなさんそれが実際に自分の手でも作れること知っていますか?ちょっと勉強が必要なのですが、興味のある方は是非ご連絡ください。なんでもできるというわけではないのですが、業務として少しやっている関係で基本の作り方などは教えることができます♬

参考までに

Xcode / Swift / Objective-c (Swiftの方が得意です!w) /MVC / Firebase

Android Studio / Java (Kotlinはかけません!) / Firebase

 

Webアプリもできます

 Webサイト作ってみたい方いらっしゃいますか?基本的にはJavaベースでしたら教えること可能です♬ RailsJava、HTML(これは割とある)知見はありますよん^ ^

どんなことでも結構なのできになる方は是非是非お声かけくださいな!

参考までに

Netbeans (IDE) , Java , HTML , CSS , BootStrap , 

Sublime Text / Atom (Editor) , Ruby /rails / HTML , CSS , BootStrap(TECH::CAMPで受講経験あり)

 

※本格的にお考えの方へ

 サーバー / インフラの実装経験はないため、ほぼクライアント側になってしまいます。参考書などは少しはお伝えできますが、基本Web と スマホのクライアント側メインとお考えください!

 ※やってみたいけど、どうしていいかわからない方/ プログラミングってどんなものか聞いてみたい方へ

 お話をお聞きして、その方にあった勉強方法や目的など一緒にみていこうかなと思います!まずは気軽にご連絡を!

 

Airbnbでシェアアパートしてます!

 無料で自分のアパートに泊まってOKです!基本的にはシェアアパートとしてAirbnbでゲストを集め、僕自身も同じ空間で寝てます笑 希望があれば、丸々レンタルすることも可能です!ですが二泊目以降はお金が発生しますのでご了承を!

 

就活生必見!新宿直通、シェアアパートにきませんか!!

杉並区, 東京都, 日本
This is sharing apartment, which means I stay at same room. So that's why it is cheaper. lol And basically only one person is ok I mainly speak Japanese, but a little bit can speak English. If you...

 

 人生相談 / なんでも屋 / どっかに同行サービス / そのほか

 交渉次第でなんでもやりますが、あんまりハードル高いのはやめてくださいね!!笑

 以下に簡単なアンケートも用意してますので、相談事がある方はそちらからもお問い合わせください♪

なんでも気軽にご相談くださいませ!

 

最後に私の簡単なプロフィールをご紹介 (上の写真のメガネ)

九州生まれ

某経済学部中退

ベンチャー企業でつとめ

渋谷で

iOSアプリを開発してる

22歳の男です男です✌️

 

ご興味を持たれた方はDMまで!!!

Airbnbで出会った二人の男の物語 (@maxdondon1000) | Twitter

 

バナが大学を追い出されて約6年経ったってよ。

f:id:maxdondon:20171016212229j:plain

ちゃっす!

遅れてきた思春期、青春真っ盛り、華の30代、Stay Goldなバナです。

 

今回から思春期と同様に一足遅れてBook Linksに参加することになりました。

が、実はたけさんがこの計画を実行し始めた頃から絡ませてもらってます。

これからはちょくちょく登場することになるはずですので、以後お見知り置きを。

 

軽く自己紹介しますと

  •  年齢32(Van Halenの名盤と同じ1984年生まれ、jumping baby)
  • 兵庫県北部出身(ほぼ鳥取です。関西弁喋れません。今話題の文学の街のお隣)
  • 職業は物流野郎(倉庫内で健康食品に埋もれたり、飲料をフォークリフトで振り回したり、怪しいジョークグッズを愛でたり)

 

サクッと書くとこんな感じです。

サクッとですが。

 

今回記事の投稿を初めて任されまして

「何書こうかしらん」

悩みましたが、このブログのタイトルが

『中退日記』

 

実は僕も大学を中退しました。

しかも在学期間MAXの8年目に笑

もはや中退というより全うしたという方がしっくりきますね、本当にsickり。

中ばで退いてはいませんので。

 

僕はたけさん、よしゆきさんのようにポジティブな理由で大学を中退した(追い出された)わけではありません。

理想、夢、挑戦などからの理由ではないです。

むしろ逆で大学に入ってそれらを失ってしまいました。

 

というのも僕の子供の頃の夢は「都会で大学生として暮らす」というものでした。

見事に僕は19才(地味に一浪してます笑)で夢を叶え、そして同時に夢や目標を失いました。

 

東京で大学生になって以降は自堕落し、中退してからもただ生きるコンビニ人間として貴重な20代を無為に過ごす日々。

 

気づけば30になり、焦った僕はコンビニ人間の生活から逃げ出す。

日雇い派遣の会社に登録し、住まいも移し、わずかでも変化を起こすことで人生がいい方向に流れることを望みました。(今考えるとコンビニの方が稼ぎも自分の時間も多かったです笑)

 

そして約一年前、運よく現在の会社に正社員として就職しました。

職歴もない30過ぎのおっさんを採用するなんてクレイジーな会社ですよ笑

 

そんなわけでとりあえずは社会的安定を得た僕は現在どうなったかというと、

 

「遊びてぇ!!」

 

暗黒時代だった20代の反動がモロにきてます笑

 

面白そうなことがあれば参加して、面白そうな人がいれば会ってみる。

30代にしてそんな青春時代のような生活を送ろうとしてます。

まぁ金銭的に余裕があるわけでもないし、もともと明るい人間ではないので無理のない範囲でですが。

あと30超えて肉体的な衰えもありますし笑

 

そんな自称青春真っ盛りの僕は平日も楽しく、遊んで過ごせるように近所で友達を作ろうとしてあるアプリと出会います。

 

メルカリアッテ

 

そうです。

このアプリで僕はたけさんと出会い、今この記事を書いている次第です。

実は初めてBook Linksに本を提供した阿佐ヶ谷人は僕、バナです。

 

そこからたけさんの計画に賛同して協力したいとずっと思ってまして、その結果の一つがこのブログのライターとして参加するという形になりました。

 

ブログというか物書きをした経験がないので乱文が多くなることもありますが、これからひとつよろしくお願いいたします。

 

バナでした!

 

キャラ取っ散らかってんな笑

よしゆきが大学を辞めて約半年ほど月日が経ったぞ!感想を話す!

 

どうもー!よしゆきです。


今日はたけさんからの指令でとにかく早く記事を書け!言われたので、渋々とにかく早く記事を書いてます!

 

まず最初ということで,今回は簡単にぼくの自己紹介をしようと思います。

 

名前は、よしゆき
年齢は、20歳
出身地は、埼玉県

 

学歴はたけさんと同じで大学中退です。


先週からたけさんの家に転がり込み、プログラミングを教えてもらいながら、居候の日々を過ごしています。

 

いや、たけさんには感謝しかないですね。


自己紹介と言っても他に書くことが見当たらなくなったのと、これだけの記事だとたけさんに怒られそうなので、

 

ぼくが、社会人になってから気付けば半年を過ぎたということで、
今回は、社会人になって変わったな思ったことを適当に書いていこうと思います!

 

正直、学生さんからしたら、すでに働いてる奴らがどんなことを思って過ごしてるのかとかって気になる人も多いのでじゃないでしょうか。

 

ねえ!ねえ!気になるよね!

じゃあ、書いていきます。


とにかく時間の流れが早すぎる!!

もうほんとこれです!何と言っても今年の夏は本当にあっという間に終わった。俺の夏がビーチでチャンネーとワンチャンの夏が感覚的には一瞬で終わった。

 

あー、ビーチでチャンネーとワンチャンの夏が〜

うんうん、もう大丈夫。

 

これって毎日の刺激が薄れてきてるからなんですかね。


働いてるから当たり前だけど、働き始めるとある程度同じことの繰り返しが多くなってくるんだよね。そうすると時間が早く感じるのかな。刺激がなくなってる感覚を結構感じる。


刺激的な日々を過ごしたい(切実)


ま、ほとんど会社と家の往復の日々を繰り返してるから刺激がないってのは当たり前か。うん。


あとは、普通に毎日忙しいからかな。
学生の頃、そこまで活動的じゃなくて結構暇だったら、良くも悪くもボーとしてる時間もあったし、とにかく時間があったなと。

 

ま、戻りたいかと聞かれればそうではないですけど!

 

一人暮らしは最高

今では居候させてもらっているぼくも少し前までは東京で一人暮らしをしていました。

 

学生の頃はずっと、親に養ってもらってたのが結構申し訳なく感じることが多かったから、働き始めたら一人暮らしを始めようとずっと思ってて、結果的に引っ越したんだけど、


そしたら、もうね、全てが自由で最高。


始める前は、「一人で生活するとか、絶対寂しいだろww」とか。「ホームシックなるわwww」とか、思ってたけど、全然そんなことなかったな。

 

本当に一人暮らしの良さは、「自由」の一言に尽きるね。

 

例えば、家で一人、奇行をしても誰にも何も言われないですからね。

 

僕が家で何をしようが僕の勝手というわけです。


周りの人に迷惑かけちゃダメだけどね!これ重要!

 

まとめ

 

色々、学生の時に比べて変わったことを考えてたけど、なんだかんだ結局特にあんまり変わってないなと思いました。

 

僕の場合、大学を途中で中退したので、そう思うかもしれませんが笑

 

結局、何を言いたいかというと、社会人になったら、時間が流れるのバカみたいに早く感じるから、気をつけろよ!(何からw)ってことと、一人暮らしは素晴らしいってこと。

 

あと、よしゆきが加入したって報告でした!


今日は、そんな感じ!

 

大学時代(1) ~そもそもBookLinksのメガネの方が大学を休学するまで~

 

 

こんにちは!

 

今日は、上記のタイトルで記事を書こうと思います!BookLinksに関係ないかもしれませんが、自分がどういう風に考えながら普段生きているのか知ってもらうことのトピックとしては良いかなと思ったので書かせてください。

  

「BookLinksには興味あるけど、僕自身(メガネ変顔の方)には興味ない 」もしくは「BookLinksにも僕(メガネ変顔の方)自身にも興味ない」という方はこの記事はそんなに面白いものでもないので、閉じちゃって大丈夫です。少しでも僕に興味ある方 (恋愛感情的な意味ではなくw)はぜひ読んでみてください!

 

大学時代の自分 ~普通の大学生から休学に至るまで~

 

浪人してまで入学した国立大学経済学部を、入学して早々アメフトとユニクロで費やしていました。勉強は単位だけのために行い、そのほかの時間は部活で仲間と会って、夜はユニクロで働く。そんな大学一年生を送っていました。勉強がそんなに好きではなく、とりあえず国立に入って部活をし、就職活動に有利そうなユニクロでバイトしておけば、そこそこいい企業に就職できるんじゃないか、とそんな安易な考えからこのスタイルで大学一年を過ごします。

 

体育会系だったこともあり非常に上下関係が厳しく、そこまでうまくならない自分にもイライラし、大学一年の春休みに部活を辞めることを決意しました。何の努力もせず見切りをつけるのは早すぎて、非常に自分に甘い考えを持っていました。

 

部活をやめる際、周りから説得されたのを押し切り、半ば裏切るような形で部活を引退したため、心のしこりが取れず、辞めた後もかなり悶々として過ごしていました。辞めたからには、何かやりたい、辞めたことを後悔しないような何かを見つけたい、そんなふうに考えながら過ごしてました。ユニクロづけの大学二年の夏に、ある一つの広告を目にします。

 

「起業スクールで学び、起業しませんか?」

 

詳細をみてみると、このスクールでは実際にあなたが会社を起こすと仮定して、 

- どうやってサービスを展開していくか

- どういうユーザーに対して、どういうアプローチをかけていくか

- 実際に仮説検証して、需要があるのかリサーチ

など、生徒一人一人が経営者になったつもりで授業を受けます。この当時、意識高い系というわけでもなかったんですが、何かを始めるきっかけとしては十分すぎたので、説明会に参加し、大学と掛け持ちでスクールに通うことに決めました。自分の知らない世界に入り、今まで見たことないような意識高い方と接し、刺激を受けずにはいられませんでした。こんな人がいるんだと、初めて上京するということを肌で感じ取った瞬間でした。

 

ですがこれも中途半端に一ヶ月で辞めてしまいます。当時そのスクールで仲のよかった一つ上の先輩がきっかけです。自分の知らないことを知れる意味でスクールは毎回有意義でしたが、毎月どんどんスクール代がかさみ、お金が減っていきます。またスクールで通ったことを生かして、起業するということがいまいちピンとこなかったのです。それに目をつけたかある先輩がこう誘ってきました。

 

「投資で一獲千金しないか?」

 

先輩から話を聞くに、自分の師匠がいて、その方から投資のノウハウを教わっているとのこと。君も一緒に仲間にならないかと。実際にその師匠に話を聞いてみると、めちゃくちゃ優しくて、かつ投資の知識も持っている。こんなすごい人いるんだなと、先輩の誘いに乗っかってしまいました。

 

ここでもアメフトの時と同様見切りをつける早さを痛感してます。口先だけで何もできない自分が形成されている感覚をどこかで感じてはいるものの、なかなかその気持ちをセーブできずに進んでしまいます。口先だけにしないため、自分の覚悟を試す意味でもう一つ大きな決断をします。

 

大学休学

 

よくしてもらっていた大学の教授がいまして、投資をするために大学休学します!と言うと「頭大丈夫か」と返事がきました。今は少し落ち着きましたが、当時かなり一匹狼な自分は「いや大丈夫です!問題ないです!中途半端にしたくないんです!」と考えを曲げず休学をしました。

 

休学し、先輩の師匠と呼ばれる方から投資に関わることを教えてもらいました。二週間ほどその師匠から色々教えてもらい、はたまたその師匠から、その師匠からと。。。一体これはどういう組織なんだとちょっと怖くなりましたが、まあそんなものだろうと。。。

 

最初周りにいる方は、多くの投資知識をお持ちですごく優秀な方だと思ったのですが、ちょっとカネカネ(金金)しているところがあって、だんだん馴染みにくいと思うようになります。当時印象に残っていたのは、ある師匠のおごりで朝までカラオケでオールナイト。酒は飲むはタバコ吸うはで、すごく居心地が悪かったです。僕のことが面白くなかったのか、一気飲みを要求し、されるがままに行い、トイレで嘔吐し、すごく虚しくなりました。自分がやりたかったことはこんなことではなかったんだと。一体俺は何やってんだと。その時は大学の教授に土下座したいと思うほど自分の行為を恥じました。

 

投資をするためにはお金がいるのですが、それもいまいち貯まらないまま、休学して二、三ヶ月たったある日のこと、上記で述べた起業スクールでFaceBookで友達になっていたITに強そうな知り合いがいたのですが、彼の投稿がふと目に入ります。

 

「プログラミング面白いよ!」

 

言葉は聞いたことがあったのですが、自分には難しくそもそもド文系ができるものなのか不安でした。ですが投稿と一緒にシェアされた記事に、プログラミングの重要性や意外と初心者でもできなくないことを知り、例のごとくプログラミング始めてしまいます笑。なんでも抵抗なく始めよう!と前向きになれるのは自分の良さだと思う一方で、それを極めないままにすぐ別のものに移り変えてしまう、これは自分の欠点だと思います。(今では非常に少なくなりましたが、それでも面白いものに目がいっちゃいます笑)

 

「プログラミング 初心者」

「プログラミング 素人」

「プログラミング 無料」

 

などと色々検索しているうちに見つかったのがこちら。

Progate | プログラミングの入門なら基礎から学べるProgate[プロゲート]

 

 東大の5人の起業家が、立ち上げたサービスで、今でこそ有料にはなってますが、僕が始めた当初はまだリリースして日が浅く、全部無料になってました。やったらわかると思いますが、かなりわかりやすいUI設計になっており、初心者でもハードルを低くして「プログラミング割と自分でもできるかも!」と思えてしまいます。

質問する必要もないほどに、備え付けの資料がわかりやすく、夢中でやっていたのを覚えています。

 

プログラミングの勉強をしている中でも、投資の交流は続いていたのですが、興味はプログラミングに向いており先輩や師匠との投資の関係を終えたいなと思っていました。

 

そして自分にとってある大きな人生の転機が訪れます。

 

当時個人のアカウントでTwitterをやっていたのですが、そのTwitterで僕が「プログラミング楽しい!プログラミング興味ある人と知り合いたいな〜」などと呟いたところ、ある方からDMがきます。

 

「プログラミング興味あるの?」

 

自分よりも10 ほど離れた方からそんなメッセージをいただきました。そのメッセージをくれたのはあるVCでした。ベンチャーキャピタリストと呼びます。

 

VC とは、ベンチャー起業の投資家で、それを仕事としています。小難しい話をすると、会社にはフェーズがあって、そのVCが投資対象としていたのは、「シード」と呼ばれる"会社の準備期間"だったり、「アーリー/スタートアップ」と呼ばれる"会社の事業が起動に乗るまでの期間"でした。割と今では有名になってきているので、その方の名前は控えます m(_  _)m

 

それに対して自分は、「はい!興味あります!」のような返事をしました。そしてその方から、「なら明日〇〇で会おう」と言われ、弾丸アポイントメントが成立しました。w

 

翌日アポイントの場所に着くと、すでに一人ミーティングをしている女性の方がいました。四つ葉のクローバーで起業するという訳のわからないことを言っていたのですが、確かこの人でした。

「『やりたい!』という気持ちで動く」 四葉少女 / 生澤愛子|起業家インタビューのReLife(リライフ) – 学生が聞いた起業家の心

 

自分には場違いな世界に連れられて、居心地悪かったのですが、とりあえずアポイントの時間になると、「プログラミングに興味あって、今こんな感じでやってます!」と話したところ、いまいちピンとこなかったようでした。泣

 

VC側としては、学生で起業する人を探していたらしく、僕自身が起業の意向があるか見たかったようで。起業スクールに通ったとはいえ、その時はプログラミングに夢中だったので、プログラミングをただひたすらにやりたかったのです。とはいえせっかく来たのを気遣ってか「とりあえずあそこ紹介しとくか」的なノリで、VCの投資先のA社を紹介され、インターンとして出向するかみたいになりました。それも弾丸で電話し、弾丸でアポイントが決まるという。近かったので、その方に案内してもらいました

 

A社はその当時、渋谷の道玄坂のマンションの一室にオフィスを構え、本当にこんなところに会社あるのか疑うくらい、なところでした。自分自身、会社はビルの中にあるものをイメージしていたので、マンションの一室にある会社を想像できなかったのです。

 

扉を開けると、パソコンを前に私服で作業を行う、10人ほどの従業員が見えました。それと一緒にBGMが聞こえて来ました。三代目の「R.Y.U.S.E.I.」が耳に入って来ました。その時は採用担当か知らないですが、頭の色をピンクと緑にした、自称iPhoneアプリエンジニアと名乗る方にベランダを案内され、話をしました。(その当時会議室というのがなくて。)ベランダで面談したのもびっくりしましたが、これがベンチャーってやつかと妙に冷静に納得したのを覚えています。

 

自分が休学をしており、プログラミングにはまっていると伝えると、ピンクと緑色の髪をした自称iOSエンジニアは、「いいね、いいね、いいね」と連呼し、じゃ来週から来ようかと「弾丸インターン」が決まりました。その時iOSエンジニアとしてインターンが決まりました。まったくの初心者でしたが、それでも全く構わないと即OKもらいました。休学していたので、フルコミットできることを伝えたことがだいぶ有利に働いたらしく。

 

これがIT企業のスピードの早さなのか。。。そんなことを痛感した一日でした。。。

 

その時は確か大学二年の冬ですね。休学してから4ヶ月ほど経った頃でした。

 

この続きはまた今度話します。m(_ _)m

 

ここで何か伝えるとしたら、ありきたりな言葉で恐縮ですが、

 

もしかしたらあなたの周りには知らない世界があるのかもしれない!

 

ということでしょうか!

 

こんなことを経験するまでは高校を卒業したら、大学で生活して、就職する、それだけしかイメージできませんでした。なぜなら生きていく中で、自分の周りがそういう人だけしかおらず、その認識が自分にとっては全てでした。

 

次回は大学中退を決断するまでをお送りしようかなと思います♪

 

※最後のブログで、自分がしてきた経験から感じたことなどをまとめたいと思います。

BookLinks活動報告 (7月末 ~ 8月)

f:id:maxdondon:20170901131943j:plain

 

こんにちは!今日はBookLinks の活動報告をしようと思います!そもそもBookLinksってなに?という方もいらっしゃると思うので、そちらも合わせてこの記事に書いていきます😊

<目次>

(1)BookLinksとは

このブログの管理人である私が、いろんな本を集めてカフェを開きたいと思い活動してます。まずはその活動をみなさんに覚えてもらえるように、「BookLinks」という名前をつけました!

「本で繋がる」というのをコンセプトにしており、今メインでやっていることは、twitterで本に関する情報発信と先ほど述べた本集めです!元々は、ある青年との出会いがきっかけで、面白いことをやろうとし始めたことの延長線上ではあるんですが、今は彼が忙しく、私がメインでやっています!😅

 

今絶賛仲間集め中なので、興味がある方は、twiiterのDMにてメッセージください!(

BookLinks@本集め/読書垢 (@BookLinksTokyo) | Twitter

 

(2)BookLinksでやっていること 

メルカリアッテを使った「本集め」 

 「メルカリアッテ」とは、近所に住む方と実際にアッテ、フリマや友達作り、困りごとの相談などが簡単にできる無料の地域コミュニティアプリです。そこで僕自身が「なんでも屋」と題して、みなさんが困っていることや一人ではできないことを解決したり、お手伝いしたりすることの引き換えに「オススメの本」をもらっています。

 ※ただでお譲りしていただける方も募集していますが、その場合は500円お渡しします。何も悩みないんだけど、オススメしたい本があって、自分の本集めの活動に協力してもいいよ!という方はぜひお声掛けください😊

 具体的には、都内を中心に

  • アプリ開発教え
  • Webアプリケーション開発教え
  • 家事代行
  • 悩み相談
  • 引っ越し手伝い
  • その他人手が必要なもの 

などを募集しております!リモートでできる作業も、内容次第では引き受けます!

 

Airbnbを使った本集め

Airbnb」というアプリを使って、自分のアパートをシェアアパートとして、貸し出しています♪ (Airbnbについて知りたい方は、こちらのリンクを参照ください)一泊無料にする代わりに、あなたのオススメの本をくださいという形で、本を集めてます。今まで一件のみ成功しました!

 

twiiterで情報発信

本に関することや、読書会にたまに行くので読書会のこと、読みたい本などを情報発信しています。また読書する方や本好きな方をフォローし、自分が読む本を探すためにも利用しています!♪ 140文字という制限の中で、情報発信をすることの難しさを痛感する毎日ですが、いざ制限がかかると、投稿しようと思っている文章の中に、いかに無駄が多いのか考えさせられます。それでもまだ無駄が多いですが笑

 

Blog更新

基本的に週末更新しています。更新する内容としては、いつも行く読書会のこと、 本集めの活動報告など、まとまった情報を伝えたいときに使用しています♪ その関係で、更新するのは、だいたい週末になりがちですが、できるだけ中身の濃いブログにしていくので、よろしくお願いしますm(_ _)m

 

※朝活

これはBookLinksというより、私自身が本好きになり、本をよく知った方がtwiiterでの情報発信に活かせるかなと思い始めました。仕事の開始時間が普通の会社より遅いため、それまで本を読んでます♪ 最近ではだいぶ読む習慣が付いてきて、通勤時間等の移動時間はたいてい本を読んでます!

 

(3)8月達成したこと

8冊本が集まりました!

8がつに集まった本は8冊です!週平均だいたい1.4冊です!

(今度画像を貼ります!お待ちください)

集まった本のメインのジャンルは小説で、中には「超訳ニーチェの言葉」などの実用書や「ワンパンマン」などの漫画もあります。まだまだ募集中なので、興味ある方はtwitterにて、ご連絡を!

8名の方本当にありがとうございます!!!🙇🙇🙇

 

朝活等で9冊本を読みました!

画像ですみません ↓ 今月読んだ本はこちらになります

f:id:maxdondon:20170901140007p:plain

 今月読んだ本の中で、特に面白かったのは県庁おもてなし課でした!人として大事なことや、そうした方がいいことって頭ではなんとなくわかっているのですが、行動に起こすのってかなりストレスかかりますよね。自分自身も誰か人に意見をいうとき、「これ言って、その人と関係性壊れたらな」とか「そもそもこの意見はイケてないんじゃないか」とかネガティブな方に考えがちで、行動せず終いになることがしばしば。

 

 この小説では、元々はそうした行動を起こすことにビビってた側の人が「高知県を観光名所として発展させる」という目的のために、プライドをすて、正しいことをする方に選択をし始め、主体的に行動していきます。この姿を見習おうというのはもちろん思ったんですが、目的と行動のギャップを少なくして、正しいと思ったことをする方が後悔も少なくて済むし、みんなハッピーになれるんじゃないかと思いました!

 

 また他にも面白いなと思うポイントとして、実際の高知県をベースとして話しているので、実際に行って確かめてみたくなりますし、登場人物が喋る言葉はほぼほぼ方言で、特徴的な要素が多かったです。 ※物語自体はフィクションですが、題材である「県庁おもてなし課」は高知県にあるそうです♪

 

(4)活動を通しての出会い

ええやん朝活 (神保町にある読書会)

f:id:maxdondon:20170819235133j:plain

 本を知るためには、本好きが集まるコミュニティに行くのがベストだろうと思い、そこで頭に浮かんだのが「読書会」でした!ただ何となく、参加してみた読書会だったんですが、今ではハマりにハマりました!その読書会の詳細はこちらで紹介されてます♪

 

その読書会について簡単に説明しますと、あるテーマが開催前から決められており、そのテーマに沿ったオススメの本を持ち寄って、紹介しあいます。テーマがあるので、本を選びやすく (優柔不断なところがあるので...汗)、みなさん優しい方なので、まだまだミーハーな自分には参加しやすいです笑 何と言っても面白いと思った本を知れるので、次読みたい本探しにもなります😁

 

Book55 (千歳船橋祖師ヶ谷大蔵の中間にある、日本一安い古本屋)

f:id:maxdondon:20170820174549j:plain

全品55円で本やらCDやら、ちょっとゲームが売っている古本屋です♪

店主の方と「メルカリアッテ」を通して、自分の取り組みに興味を持ってもらったことがきっかけで、こちらの古本屋を知りました!

周りには特に何もない微妙なところに位置するこの本屋は、なかなか穴場感があります笑 店主の方もすごい気さくな方で、近くにあったら毎日寄ってますね。笑

普通に東野圭吾さんや、池井戸潤さん、有川浩さんなどの小説が55円で販売されているので、びっくりしてしまいます!この前は、三浦しをんさんの「舟を編む」が55円で売られていたので、即座に私の積読本になりかわりました!

 

(5)今月やってみたいこと

誰かとコラボ企画みたいなものをしたい!

自分一人でできることの限界を感じています。一冊目の本をいただいた方から貴重な意見をもらい、自分が見えていなかった客観的な評価やアイデアを知ることで、感じ始めました。

ですが、色々な人と協力し合えば、何か面白いものができるのではないかと思ってます! youtuber的なことやるつもりはないですが、「本」関連で何かやりたいことがある方いましたらご連絡ください!僕自身も思いついたら、誰かにお声掛けするかもしれません!笑

 

先月よりも本を獲得する!

一ヶ月目にして、正直8冊も集まるとは思わなかったんですが、この調子で9月も集めていきたいと思います!ただスピード感持って行くためにも、先月の結果よりも上を目指していきたいです!目標は一年で200冊です! 

 

先月よりも本を読む!

あまり強制的に読もうとすると、本が嫌いになってしまいそうですが、最初は質より量をこなしていきたいので、先月よりも多くの本を読んでいきたいですね!

 

(6)最後に

 まだ始まって一ヶ月目ですが、この取り組みはもう自分一人のものではなくなってしまいました!逃げることもできませんし、何より少しずつ協力してくださる方が、増えてきていることで、絶対に成功させたいという思いが募る毎日です!!

 

最後にいつも協力してくださる阿佐ヶ谷のお兄さんと愛知県からわざわざお声掛けいただいたSさんありがとうございます!またいつもtwitterでいいねリツイート、自分の何気ない投稿を見てくださる方ありがとうございます! 

 

これからも頑張りますので、よろしくお願いします!!

 

 

 

ブックポーカー in 神保町読書会 (ええやん朝活)

f:id:maxdondon:20170827074046j:plain

 

こんにちは!今日は神保町で行われた読書会について報告します♪今回の読書会は「ブックポーカー」というゲームをやりつつの読書会だったので、かなり面白いものでした!それも合わせてご紹介できたらと思います!

 

簡単な読書会の概要

日付 : 8月26日 午前9時30~11時30分

場所 : 神保町駅から徒歩10分もしないくらいのビルの2階

人数 : 10名 (男性 7名 女性 3名) (平均20代~30代)

詳細 :  ええやん朝活

 

読書会のスタイル

こちらの読書会は、あるテーマに沿って、みんなで本を持ち寄りその本を紹介します!自分が参加した際のテーマが「親にオススメされた一冊、親にオススメしたい一冊」、「夏バテに効く一冊」などです!

 

プチビブリオバトル方式を取っており、全員の紹介が終わったあと、誰の本が読みたくなったか発表し合うのもこの読書会の特徴です!オススメしたい一冊の中で客観的評価を受けた、珠玉の一冊を決めます♪

 

今まで三回ほど参加しましたが、常連の方がそんなにいないような印象で、毎回初対面の人ばかりです!読書会の中には、常連で固められて、いづらい雰囲気のものってあると思いますが、この読書会ではそんな心配は必要なさそうです♪(個人の主観ですが)

 

※今回は、ブックポーカーというゲームをしながらでの読書会で、普段の読書会とは違ったものでした!ただ通常は上記のようなスタイルで読書会を行なっているようです♪

 

ブックポーカーって?

参加者全員の方が、オススメの本を持ってくるわけなんですが、誰がなんの本を持ってきたか当てるのが「ブックポーカー」というゲームです。

 

通常の読書会ですと、オススメの一冊を参加者の前に出して、「私が今日持ってきた本は、〜」みたいな形で紹介が始まりますが、今日の読書会は、誰がなんの本を持ってきたかを当てるところからも、ある種のエンターテイメントとして成り立っていました笑

 

以下ルール説明です!

 

1、親がみんなのオススメの紹介の本を集めます

みんなに見られないように本を集めます。この時ブックカバーなどつけていた場合は、外します。

 

2、親からあるお題が与えられるので、そのお題に沿って1人ずつ本の紹介をします

今回のお題は「その本を手に取ったきっかけは?」でした!そのお題に沿って、

「親からもらったから〜」

「友人に勧められ〜」

「書店に寄ると〜」

みたいな形で、お題に沿って一人一人紹介してもらいます。

 

3、15分ほど参加者一人一人とコミュニケーションを取りながら、誰がなんの本を持ってきたか、ヒントを聴き出します。(会話タイム)

15分の持ち時間を使いながら参加者一人一人にどんな本を持ってきたか、聞き回ります。ここでルールとして直接回答がわかるような質問はしてはいけません!

例えば、

「作家さんの名前は?」

「その本のテーマは?」

「何色の表紙ですか?」

などなど。そうではない質問をしながら、相手の本がどんなものか想像を膨らませます。僕がした/された質問の一例として、

「フィクションですか?ノンフィクションですか?」

「誰か人が殺されますか?死にますか?」

「誰に読んでもらいたいですか?」

「読後感的にどんな感じですか?」

「読んだのっていつくらいですか?」

などなど。そうやって、その本をみてない状態ではあるんですが、想像を膨らませてどんな本を持ってきたかを推理していきます

 

4、親が集めた本を参加者の前に並べ、6分ほどで回答用紙に記入(回答タイム)

会話タイムで聴き出した内容を元に、誰がどんな本を持ってきたか推理し、回答用紙に記入します。テーブルの前に本が並べられて、その本のタイトル、表紙、中身、出版年数などそういったものを総合的にみながら、回答を埋めます!並べられた本の中身をパラパラめくっても大丈夫なんですが、手に取った本はその人が紹介しない本だとバレる可能性があるので注意ですw (何よりも面白かったのは、それを逆手にとって、自分の本を手に取った方がいて、そこまで周到にしてくる方がいたことww流石です笑)

 

5、答え合わせと本の紹介を行います

ここで答え合わせをしていきます!一人一人種明かしをしていき、簡単にその本を持ってきた理由を紹介します。僕自身3割4割ほどしか正解できなかったです!意外といけるのかなと、若干高を括っていましたが、全くでしたwもう少し本の読む量を増やせば、もっと違うのかもしれませんが!

 

※ダミールール

参加者の本と一緒に、親が「ダミー本」を一つ投入します!トランプで言うところのJokerみたいなものです!ダミーが投入されることで、より正解の本を当てづらくなります!

 

ブックポーカーをしてみての感想

上のルールを聞いただけでは、なんとなくでしか分からない方もいらっしゃると思うので、実際にやってみることをオススメします!やってみた感想としては、非常に楽しいです!

回答タイムで、似たり寄ったりな本が並べられると、本当に分かりません汗(似てなかったとしても、分からないんですが😇

ですが、そんな中で聴き出したことを踏まえて、回答を作り上げる楽しさは、なんとも言い難いです笑

 

今日紹介された本たち (ブックポーカーで参加者が使用した本)

今日は量がかなりあるので、どのように紹介されたかは省略させていただきます!

 

「蛍川・泥の河」

著 : 宮本輝

f:id:maxdondon:20170827062843j:plain

 

「死んだらJPOPが困る人、CDジャケットデザイナー 木村豊

著 : 江森丈晃

f:id:maxdondon:20170827063204j:plain

 

「ゼロからトースターを作ってみた結果」

著 : トーマス・トウェイツ 

f:id:maxdondon:20170827063607j:plain

 

「黒猫の刹那あるいは卒論指導」

著 : 森 晶磨

f:id:maxdondon:20170827063854j:plain

 

「授業づくりネットワーク No.26 ゲーミフィケーションで作る!「主体的・対話的で深い学び」」

著 : 藤川大祐

f:id:maxdondon:20170827064125j:plain

 

「うるうの森」

著 : 小林賢太郎

f:id:maxdondon:20170827064238j:plain

 

「重力ピエロ」

著 : 伊坂幸太郎

f:id:maxdondon:20170827064414j:plain

 

「DINER」

著 : 平山夢明

f:id:maxdondon:20170827064544j:plain

 

「手紙」

著 : 東野圭吾

f:id:maxdondon:20170827064726j:plain

 

人工知能はわたしたちを滅ぼすのか」

著 : 児玉哲彦

f:id:maxdondon:20170827071138j:plain

 

「ロック暴言集・珍言・妄言集」

f:id:maxdondon:20170827071540j:plain

↓ これに少し紹介載ってます。控えめに言って面白いですw

【ロックスターの名言集?】NO!ロックミュージシャン暴言珍言集だ!【アナタの人生に影響なし】 | Aganism

 

「ねじとねじ回し」

著 : ヴィトルト リプチンスキ / 訳 : 春日井 晶子

f:id:maxdondon:20170827071744j:plain

 

「完全版 鏡の法則

著 : 野口嘉則

 

f:id:maxdondon:20170827072012j:plain

 

「ふたご島からの脱出」

著 : SCRAP

f:id:maxdondon:20170827072140j:plain

 

「幻の女」

著 : ウィリアム アイリッシュ / 訳 : 黒原敏行

f:id:maxdondon:20170827072329j:plain

 

「身近な雑草の不思議」

著 : 森 昭彦

f:id:maxdondon:20170827072506j:plain

 

「キャリアポルノは人生の無駄だ」

著 : 谷本真由美

f:id:maxdondon:20170827072636j:plain

 

「悲しみよ こんにちは」

著 : フランソワーズ・サガン / 訳 : 河野 万里子

f:id:maxdondon:20170827072833j:plain

最後に

いかがでしたか?ブックポーカーやりたい場合は、ええやん朝活で、三ヶ月に一回?くらいのペースで開催しているらしいので、ぜひ足を運んでみてください!

学生さんでしたら、本好きのコミュニティか何かを作って、ブックポーカーをやるのも楽しそうですね!

 

以上読書会のレポートでした〜

4冊目5冊目をもらいました!

f:id:maxdondon:20170820180422j:plain

こんにちは!

 

 

今日は本集めの活動報告と昨日伺った全品55円の書店について書いていきまーす!

 

 

やっとのことで手に入れた4冊目 / 5冊目

先週メルカリアッテ経由で、オススメの本をいただきました!いただいた本は

 

夜は短し歩けよ乙女

著者 : 森見登美彦

 

f:id:maxdondon:20170820173543j:plain

 

です。紹介者によると、大学生の頃に読んだ本だそうで、かなり読み込まれているらしく、ボリュームのあるレビューをいただきました!ありがとうございます!

 

実際にいただいたレビューはこちら

 

後輩である少女に恋をしている「私」は、彼女という城の外堀を埋めるべく日々彼女を追い掛け、なるべくその目に留まろうとしている。次々と奇想天外な登場人物と出会って事件に巻き込まれてしまう、青春ラブコメファンタジー。
当時、京都の大学生だった私は、いつも目にしていた情景街並みがその日から摩訶不思議な世界に変容しました。眼前は見渡す限り美しいもので埋め尽くされており、森羅万象が美しいもので満ち溢れているような感覚。
この本を手に取って読まれる読者諸君の皆様に於かれましては、酒精に浸った夜の旅路を威風堂々歩き、美しく調和のある人生を歩み始めることができるかもしれません。もしくは、小狡く立ち回るが全く意図せざるうちに落ちぶれるかもしれない。そんな歓喜と苦渋の可能性に満ち溢れたオモチロイ本です。

 

こちらの方はアプリ開発を学び転職をお考えとのことで、アプリ開発を教えました!今後も週一ペースで教えて転職まで持って行くつもりです!

 

次は、古本屋の店主さんからいただいたものです♪本の紹介に入る前に、その本屋の紹介をさせてください!

 

f:id:maxdondon:20170820174549j:plain

 

場所 : 千歳船橋駅から歩いて10分ほど

値段 : 全部55円

 

なんとお値段全部55円なんです!

 

BookOffよりも安い。ひょっとしたらどこよりも安いのでは?有名どころでいうと東野圭吾や分厚い参考書まで全てが55円で、おそらくこれから通い詰めることになりそうです♪買取にも力を入れているそうで、若い分際で恐縮ですが、イケてる書店だと思いました!

 

こちらの店主さんから、

 

超訳 ニーチェの言葉

著者 : フリードリヒ・ニーチェ

 

f:id:maxdondon:20170820175210j:plain

 

をいただきました!

 

こちらの本は分厚くて、かなり読み応えがありそうでした。倫理の授業の時に、ニーチェがを勉強しました!それ以来のニーチェです。レビューをいただくのを忘れたため、今度伺ってきます!

 

本ありがとうございました!!!!大切に使わせていただきます♪

 

 

余談ではありますが、来週ええやん朝活(神保町の読書会)にいきます!BookLinksを通して仲良くなった方と一緒に行く予定です♪

 

そこでブックポーカーというゲームが行われます♪、紹介者が本を明かさないままその本を紹介し、参加者全員が紹介し終わった後、誰がどの作品を紹介していたのかを本のカーバーやタイトルから連想して当てるゲームです。非常に面白そうなので、ブログでその内容報告させていただければと思います。

 

今日はみなさんにとって充実していましたか?来週からも頑張りましょう!

 

初めてこのブログを読まれた方のために

初めまして!管理人の「たけ」と申します (ペコリ

 

Airbnbという民泊アプリで18歳の青年と出会い、面白いことをしたいね!ということになり、今「思い入れのある本集め」をやっております^ ^ (割と自分メインですがw)

 

詳しくはこの記事をご参照ください!

はじめに!時間があったら読んでください! - Airbnbで出会った二人の男の物語

 

ご興味ある方は、Twitterの方で情報発信しておりますので、DMまでご連絡を!

Airbnbで出会った二人の男の物語 (@maxdondon1000) | Twitter

 

よろしくお願いいたします! (ペコリ